忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の出来事や萌え語り等。偶に鬱状態になるので御注意下さいませ。
<< 04   2018/05   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     06 >>
[1101]  [1100]  [1098]  [1097]  [1096]  [1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何で気付けなかったんだろう?
バクラ君はこんなにも近くに居て、僕の事見守ってくれていたのに・・・。


「絶対にまた会おう!何年・・・ううん!何千年待つ事になっても絶対に!!」
「了・・・ああ、約束だ。何度繰り返そうとも、絶対にお前を見付けだす!!」
其れが彼が消えてしまう前に交わした、最期の言葉。


あれからもう何年経つだろう?
色濃く刻まれた日々は色あせる事も無く鮮明に僕の中に在り続けた。
今こうして過ごす日々に色がないと感じる程に
彼との時間が色濃く、愛おしいモノだった。
大人になっても、僕は恋人も作らず友達も作らず
今はもういない彼に思いを馳せて過ごした。
そう、死ぬ迄ずっと・・・。

 

・・・―数十年後。


「もう!今日は晴れだって言ってたのに!!
天気予報って本当信用ならない!」
唐突に降り出した雨に文句を言う。
体中びしょ濡れになってしまって気持ち悪い。
雨宿りして様子を見ようと考えた僕は
駆け足で近くカードショップに立ち寄る。
店内では子供達が2種類のカードパックを持って
どちらを買うか悩んでいる。
昔から流行っているカードゲームで了も興味が有った。
何時か手に取ってみようと思っていたが今はこの有様だ。
濡れた状態で店に入れば店員や他のお客さんに迷惑だろう。
残念だが今日は諦めようと思った時
不意に背後に気配を感じて振り向く。
其処には長身の男が立っていた。
男は了と同じ銀髪に紫の瞳と了とは正反対の褐色肌だ。
無言で自分に注がれる視線に耐えかねて言葉を絞り出す。
「あ、あの・・・何か用でしょうか?」
男は顔を近づけて低く聞く。
「お前、俺と何処かで会った事有るか?」
軟派かと思ったが男の真剣な眼差しがそうでないと
訴えているような気がして了も真剣に答える。
「いえ・・・会った事は無い気がします・・・。」
「・・・そうか。」
男は近付けていた顔を離すと了の隣に立って続ける。
「不思議だ・・・覚えは全くねぇのにお前とは初対面じゃねぇ気がする。
何処か遠くで、別の時間軸で出逢ってた気がするんだ。」
可笑しな事を言う人だと思ったが
了は其れは口にせず、別の言葉を紡ぐ。
「僕も、貴方とは初対面の筈なのに何だか懐かしさを感じちゃいます。
何で、なんでしょう?」
御互いに理解不能な感覚に陥っているのは良く解った。
だがそんな事は如何でも良い。
此の男と居ると何故だか安心するのだ。
「お前、何て名だ?」
「僕?僕は獏良了。君は?」
「俺様はバクラ」
「僕と同じ名前だね。若しかして遠い親戚?
其れだったら会った事有るかも知れないけど。」
「お前の親戚はエジプトにも居るのか?
俺は今日、日本に留学してきたばっかだが?」
「そうなんだ!だったら親戚じゃないかもねー」
「ところで、何で了は女なのに『僕』なぁんて言うんだ?」
「何でだろ?言いやすいからかな?」
「変な奴。」
「酷いなー。僕は割と普通だよ!」
初対面の筈の人間にこんなに親しげに話せたのは初めてかも知れない。
そんな事を思っていた時。
「おい」
頭上からバクラの声がして視線を上げると
先刻迄土砂降りだった雨が綺麗に止んでいた。
空には七色の虹が美しい曲線を描いている。
「虹、綺麗だねー・・・」
「この国では虹は七色なんだな。エジプトで見るものと違う。」
「そうなの?」
「ああ。何事も角度を変えると違ったもに見えるから不思議だよな。」
「ふふ、そうだね。」
バクラの言葉に笑みが零れる。
「なぁ了。」
笑っている了の肩を掴むとバクラは少し困ったような表情で尋ねる。
「明日また、此処で会えるか?」
一瞬思考が停止したが其れも直ぐに消えた。
了は飛び切りの笑顔で答える。
「うん!大丈夫だよ!」
「そうか。なら明日此処でまた会おう。」
「解った!じゃあ、また明日ね!!」
「ああ、また明日。」
そう言って互いに背を向けて歩き出す。
明日会ったら何をするのか、
そもそも何の為に会うのかという疑問が浮かんだのは
バクラと別れた後だった。
だが、そんな事よりも・・・
「早く明日にならないかなぁ~」
了の心はそんな思いで一杯だった。

 

闇人格×表人格女体化アンソロジー【右隣の女の子】 ばくらプチ告知サイト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
723
年齢:
25
HP:
性別:
女性
誕生日:
1992/06/25
職業:
社会人
趣味:
御絵描き・読書
最新コメント
[01/25 はるるん]
[10/30 ハルト]
[10/29 ハルト]
[09/08 あやか]
[08/31 秋桜]
カウンター
拍手
Copyright ©   黒蜜堂 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]